歯を美しく整える審美歯科

審美歯科では歯の見た目と機能性を追求した治療・処置を行います。白くて健康的な歯をつくり維持していくことは多くの患者さんが望まれていることでしょう。「歯の黄ばみが気になる」「虫歯治療後の金属製の詰め物などを白くしたい」という方は、審美歯科にご相談ください。

メタルフリー治療について

虫歯治療で使われる銀の詰め物・被せ物(いわゆる銀歯)は、金属アレルギーを引き起こすことがあります。金属アレルギーのある方にとっては気になるところでしょう。そのため当医院では、金属アレルギーの症状がある患者さんに金属を使用し ないメタルフリー治療(下記、オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアなどを使用した治療)をおすすめしています。どうぞお気軽にご相談ください。

審美歯科治療メニュー

オールセラミックインレー・クラウン

術前

術前

術後

術後

素材は100%セラミックで、自然な色合いが特徴です。詰め物や被せ物として使用することで見た目が美しい歯になります。しかし、天然歯より硬度が高いので咬み合う歯を傷付けてしまうことがあります。

ハイブリッドセラミックインレー・クラウン

術前

術後

セラミックに歯科用プラスチックを混ぜ合わせた素材です。自然の歯と同等の硬さで咬み合う歯を傷つけることはほとんどありません。美しく自然な見た目を実現しますが、長く使用すると変色する場合があります。

ジルコニアクラウン

軽量セラミックを用いた被せ物です。金属と同等以上の硬さがあり、変色の心配もありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンドクラウン

金属にセラミックを焼き付けた被せ物です。硬く耐久性があります。しかし、内部に金属を使用しているため、金属アレルギーの方にはおすすめできません。

ラミネートベニア

術前

術後

セラミック製の薄い板を、歯の表面を薄く削り貼りつける治療です。自然な色に仕上げられるほか、前歯の多少の乱れ、歯と歯のすき間なども解消できます。

ホワイトニング前に知っておきたいこと

ファイバーコア (歯の土台)

神経を抜いた歯に被せ物を取り付ける際に用いる補強材です。金属製のコアと異なる点は、歯とともにたわむこと。歯根破折を起こしにくいのが特徴です。また、透明感があり自然な色合いに仕上がります。

セレック

当医院では、セラミックの技工物の作製に「セレック」というシステ ムを使用しています。セレックは、アメリカやヨーロッパをはじめ世界中で選ばれている、高精度の技工物を設計・作製するCAD/CAMシステム。3D光学カメラを使用することで、型どりをせずに患者様の歯型にぴったりの技工物を作製することを可能にしています。

歯科技工所に依頼することなく、院内で精巧なインレーやクラウンを作製できるため、治療時間が短縮されるのはもちろん、患者様の治療費負担も軽減されます。

セレック

院内で作製するため低コスト

クラウンやインレーなどの技工物は技工所に作製を依頼するのが一般的ですが、セレックは院内で技工物の設計・作製が完結します。そのため、無駄な配送費や人件費がかからず、治療費自体も軽減できます。

型どりがいらない

3D光学カメラで撮影したデータをもとに技工物をつくるため、型どりの必要がありません。

即日で完成する

セレックでの技工物製作はすべてコンピュータ制御で行われ、インレーやクラウンが即日で完成します。わずか90分程度で、美しく耐久性に優れた歯が手に入ります。

e-max

e-maxとは、二ケイ酸リチウムガラスセラミックという素材でできた歯科素材です。曲げ強度360~400MPa(メガパスカル)を有するセラミック材料で、非常に高い耐久性を持ちます。

ジルコニアクラウンとの比較

ジルコニアクラウンは外側のセラミックの強度が弱いことが難点です。一方、e-maxはクラウン全体が非常に高い強度を誇ります。咀嚼に関する実験結果として、ジルコニアクラウンの耐久性(破折までの期間)を3倍近く上回ったという結果も出ています。

e-maxのメリット・デメリット

二ケイ酸リチウムガラスセラミックで作られているe-maxは、中のフレームがなくクラウン全体が高い強度を持ち、長期間の咀嚼運動に耐えられます。また、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
  • 見た目がきれい
  • ほとんど変色しない
  • 耐久性が高く、歯ぎしりやくいしばりに強い
  • プラークが付着しにくい
  • 歯と分子レベルで結合するため治療箇所からの虫歯リスクが低い
  • 硬く透明感に優れている
  • フレームにセラミックを盛る被せ物に比べて細かい色づけが難しい
ラミネートベニア

E-maxはメタルフリーです。お口の情報をコンピューターに取り込んでセラミックのブロックを最新の機械が削り出します。ご希望があれば即日完成も可能です。ポーセレンよりも安くて割れにくいのが特徴です。

症例1

治療前

治療後

症例2

治療前

治療後

症例3

治療前

治療後

ホワイトニング

歯は年齢とともに黄ばみを増していきます。それは、歯の象 牙質の色素(淡いクリーム色)が少しずつ色味を増していくため。また、歯の表面を覆うエナメル質もだんだんと薄くなり、黄ばみが増していくのです。

その黄ばみ除去に有効な処置が「ホワイトニング」。飲食物による着色なども含め、黄ばみや黒ずみを専用の薬剤で漂白します。歯を削る必要がなく、手軽に白い歯を手に入れる方法として注目されています。

ホワイトニング前に知っておきたいこと

  • 虫歯や歯周病、知覚過敏の方は事前にそれらの治療を済ませる必要があります
  • 人工歯はホワイトニングでは白くなりません
  • 妊娠中、授乳中の方への施術はおすすめしていません
  • 抗生物質の摂取による着色にも施術は可能ですが、あまり効果は期待できず、施術期間も長くなります

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で施術を受けるホワイトニングです。黄ばんだ歯に薬剤を塗り特殊な光を当てることで歯の色素を分解し歯を白くします。1回だけでなく数回行うことが必要です。短期間で白い歯が実現しますが色の後戻りが早いのがデメリットです。

【オフィスホワイトニングの注意点】

  • 施術後に一時的に歯がしみたり痛んだりする場合がありますが一過性のものですので心配はいりません
  • 施術後は色素が付きやすいので色の濃い食べ物・飲み物の摂取、喫煙は避けてください

※画像をクリックすると大きな画像で表示されます。

クリーニング

クリーニング

保護剤の塗布

保護剤の塗布

ホワイトニング剤の塗布

ホワイトニング
剤の塗布

光照射

光照射

完了

完了

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。専用のマウストレーに薬剤を入れて装着します。ご自分で施術しなければなりませんが、就寝時など都合のよい時間に行えるのがメリットです。また、施術期間が長くかかるものの、そのぶん薬剤が十分に浸透し、白さが長持ちするのもメリットです。

【ホームホワイトニングの注意点】

  • 効果を実感できるまでに2週間ほどかかります
  • 施術中に痛みを感じたら一旦中止し、数日後に再開してください
  • 施術中、飲食や喫煙はできません

画像をクリックすると大きな画像で表示されます。

マウストレー作製

マウストレー
作製

薬剤挿入

薬剤挿入

装着

装着

取り外しブラッシング

取り外し
ブラッシング

完了

完了

歯ぐきの黒ずみを除去する「ガムブリーチ」

歯を白くするだけでなく歯ぐきもきれいにしたいという方にはガムブリーチがおすすめです。ガムブリーチは薬剤の塗布やレーザー治療を行い、歯ぐきの古い角質と付着しているメラニン色素を取り除く施術です。黒ずんでいる歯ぐきもきれいなピンク色に戻ります。

※画像をクリックすると大きな画像で表示されます。

術前

術前

薬剤塗布

薬剤塗布

メラニン色素除去

メラニン色素除去

完了

完了

GD(グラディア・ダイレクト)

金属(メタル)の被せものがしてある歯を、白くて耐久性のある素材で置き換えます。それがグラディアダイレクトです。
笑った時に金属色が見えることはなくなります。

※詰め物として一般的に使用されている「アマルガム」には水銀が高濃度で含まれています。 「アマルガム」が原因でアトピー性皮膚炎などを引き起こす可能性があります。

当院では身体に優しく、審美的にも優れている「グラディア・ダイレクト」による治療を行っております。

GD(グラディア・ダイレクト)による修復症例

症例1

治療前

治療後

症例2

治療前

治療後

症例3

治療前

治療後

症例4

治療前

治療後

症例5

治療前

治療後

症例6

治療前

治療後

症例7

治療前

治療後

症例8

治療前

治療後

症例9

治療前

治療後

症例10

治療前

治療後

症例11

治療前

治療後

症例12

治療前

治療後

オンライン診療予約 24時間受け付けております。 079-285-0589