一般歯科・小児歯科・根管治療

一般歯科

一般歯科では主に虫歯の治療を行います。虫歯は歯がどんどんと溶かされていき、最終的には抜歯を余儀なくされる恐ろしい病気です。症状が進む前の早めの治療を心がけましょう。

虫歯の進行段階とその治療法
進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

小児歯科

小児歯科では、乳幼児の歯が生えはじめるころから永久歯が生え揃うまでのお子様を対象に、虫歯の治療や予防処置を行います。乳歯の健康状態は、そのまま永久歯の健康状態に影響します。虫歯かな?と思ったら「どうせ生え替わるから」とそのままにせず、すぐに適切な処置を受けさせてあげましょう。
特にお子様の歯はやわらかく虫歯になりやすいもの。日ごろのケアはもちろん、定期的に当医院へお越しいただき、適切な予防処置に取り組むことをおすすめします。

根管治療

根管治療は虫歯が歯の神経まで進行してしまっている場合(C3)に行います。歯の神経を除去し、神経が入っていた管をきれいに清掃・消毒して歯を維持します。なお、根管は目に見えないほど細く、非常に複雑な構造をしているため、治療には高度な技術力が必要です。
当医院では、技術力はもちろん、豊富な実績を持った医師が治療にあたりますので、安心してお任せください。

予防歯科・歯周病治療

予防歯科

予防歯科では、歯の病気やトラブルを未然に防ぐため、虫歯や歯周病の検査、咬み合わせの検査、歯みがき指導、口腔内検診などを行います。虫歯や歯周病が進行して、歯や歯ぐきを傷めたり、歯を失ったりしないためにも、日ごろのケアと歯科医院での定期検診はとても大切です。
歯の健康維持のためにも、どうぞ予防の意識を持って当医院へお越しください。

予防歯科メニュー

歯みがき指導

歯みがき指導

歯と歯ぐきの間などに残った食べかす(細菌の塊)をキレイにみがき落とすための指導です。歯は1本1本形状や角度が異なるため、それぞれの患者さんに適したみがき方があります。正しい歯みがき方法を身に付けることで、みがき残しが減り、虫歯や歯周病の予防につながります。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には細菌の繁殖を抑制する効果と、歯の再石灰化を促す効果があるため、歯に直接塗ることで虫歯予防に役立ちます。

PMTC

専用の器具を用いて行う歯のクリーニングです。歯と歯の間や歯と歯ぐきの間、奥歯のさらに奥の側面などは普段の歯みがきだけでは清掃しきれない部分です。PMTCで歯の表面に付着したすべてのプラークを除去。定期的に受けることで衛生的な状態を維持でき、虫歯・歯周病予防に役立ちます。

※クリックすると拡大されます。

歯周病治療

歯周病とは、歯垢に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える顎の骨を溶かしていく恐ろしい病気です。最終的には歯が抜け落ちてしまうこの病気は、日本人の約8割が罹患もしくは予備軍といわれ、日本人が歯を失う第1位の原因となっています。

歯周病の進行段階
初期段階
  • 痛みはない
  • 歯みがきの際に歯ぐきから出血することがある
  • 歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)の深さは4mm程度
※健康時であれば通常3mm以下
第二段階
  • 歯ぐきが炎症し赤く腫れる
  • 顎の骨が溶けはじめる
  • 歯がぐらつきはじめる
  • 歯周ポケットの深さは4~6mm
最終段階
  • 口臭がひどくなる
  • 顎の骨の大部分が溶け、歯がぐらぐらし最終的に抜け落ちる
  • 歯周ポケットの深さは6mmを超える
重度の歯周病治療「GBR法」

歯周病で溶かされた顎の骨はそのままでは再生しません。この場合に用いられるのが「GBR法」です。これは、骨を再生させたい場所にメンブレンと呼ばれる人工膜を設置し、余計な歯肉の侵入を防ぎながら骨が再生するのを待つ方法です。インプラントを行うための顎の骨が足りないといったケースに有効です。

歯周病予防・検査

歯周病予防には歯科医院で定期検診を受けることが必要です。また、万が一歯周病になった場合にも、状態を正確に把握し適切な治療が行えるよう、当院では以下の検査を行っています。

レントゲン検査

顎の骨がどの程度溶けているかをレントゲン写真で確認します。骨の量が少ない場合は、歯周病が進行しているということになります。

ポケット検査

歯周病の進行の確認には、歯周ポケットの深さが一つの指標になります。歯周ポケットがどの程度まで深くなっているか、プローブという器具を使用して確認します。

歯の動揺検査

歯周病が進行すると歯がぐらつきます。歯をピンセットでつまんで動かし、歯のぐらつきの大きさで症状の進行具合を確認します。

オンライン診療予約 24時間受け付けております。 079-285-0589