口腔外科(抜歯など)

口腔外科とは、虫歯や歯周病の治療のような一般歯科治療を行うのではなく、口腔内外のトラブルに対応する診療メニューです。たとえば親知らずの抜歯や、何らかのアクシデントによる歯や顎の骨折の処置、口内炎の治療まで、さまざまな診療を行います。

当医院には口腔外科を担当するドクターがおり、他院では対応できない難症例にも対応しています。

「親知らず」とは?

奥歯のさらに奥に上下左右1本ずつ歯えてくるのが親知らずです。
しかし、生活環境の変化などに伴い現代人の顎の骨は小さくな る傾向にあり、親知らずがキレイに生えるためのスペースがない ことが多くなっています。そのため傾いたり、一部だけ出てきたり、 歯ぐきのなかに埋もれたりするケースが多いのです。当医院では、 患者さんとじっくりご相談したうえで適切な処置を行います。

抜歯が必要な「親知らず」

親知らずが傾いたままになっていると食べかすがつまりやすく、歯みがきをしても食べかすは残りやすくなります。これは虫歯や歯周病の原因になり、親知らずが虫歯や歯周病になると周りの歯にも悪影響をおよぼす可能性があります。また、傾いて生えている場合、隣の歯に不要な圧力が加わり、歯並びを乱すこともあります。このように周りの歯に悪影響を及ぼす親知らずは抜歯をおすすめします。

抜歯が不必要な「親知らず」

親知らずが正常な状態ならば抜く必要はありません。残しておくことで、この先、入れ歯やブリッジの支えとして用いることができます。また、歯を失くした場合の替えの歯としても役立つ場合があります。

顎関節症

顎関節症とは、顎の関節に偏った圧力がかかることで起こる、口腔周辺のトラブルです。歯の咬み合わせの乱れや咬みしめなどの癖が原因になることが多いといわれています。

顎関節症の疑いがある症状
  • 口の開閉が思うようにいかない
  • 顎の周りに痛みがある
  • 口が大きくあかない
  • 起床時に口をあけるのがつらい
  • 顎が外れる、あるいは外れそうになることがある
  • 顎の関節からカクカクと音がする
顎関節症の原因として考えられるもの
  • 咬み合わせの乱れ
  • 片方の歯(顎)ばかりで咬む
  • 頬杖
  • 歯ぎしり
  • うつ伏せ寝
  • 枕が合わない
  • 食いしばり
  • ストレス過剰

顎関節症は以上のような原因が重なって起きると考えられています。まずは原因を探り、適切な処置について考えましょう。

治療法について

まずは顎の検診を受けましょう。顎関節症の症状が出ている場合、咬み合わせの不具合を直す必要があります。「スプリント」というマウスピースを就寝時に取り付け、咬み合わせを調整していきます。そのほか、マッサージ療法などを用いて、徐々に 症状を緩和させていきます。

外傷への対応

事故による歯のケガなども、当医院にお任せください。他院で断られたという方も、まずは一度ご相談ください。

麻酔について

静脈内鎮静法とは

点滴で麻酔薬を注入し、薬の分量を調整しながら受け答えができる状態から眠った状態まで、麻酔の効き具合を調整しつつ苦痛による不安を和らげる方法です。麻酔が効いてくると眠ったような状態になり、治療の痛みによる不安が感じられない状態で治療を行えます。

なお、歯科麻酔専門医が患者さんの状態を確認しながら進めますので、もし患者さんに異常が見られた場合も、敏速に対応可能です。安心してお任せください。

特徴
  • 精神的にリラックスします
  • 治療にかかる時間が気になりません
  • 治療中のことはほとんど覚えていません
  • 高血圧や心臓病などのほかの病気で治療中の方も治療が受けられます
効果

薬が投与されて1~2分で眠気を覚えてボーっとします。この状態で治療を行いますので、痛みや治療中の音などが気になりません。

このような方におすすめです
  • 歯科手術を受ける方
  • 短い時間で治療をすませたい方
  • 嘔吐反応が起きやすい方
  • 歯の治療が嫌な方

兵庫県 高度口腔外科 森本歯科医院

オンライン診療予約 24時間受け付けております。 079-285-0589